高齢化社会と住宅

今や、住宅もバリアフリー化を求められる時代となってきました。

現在、高齢化社会が進むにつれて、住宅のバリアフリー化はなくてはならないものになりつつあります。

では、バリアフリー化された住宅の室内は、どのようにあるべきなのかを考えていきたいと思います。

まず、玄関は段差をなくし、スロープを取り付けるとよいでしょう。玄関から外へ行き来するのに段差や階段があると、足の不自由な人(車椅子の人など)は、誰かの手をかりなければ、玄関に入るのにも一苦労となってしまいます。

このほか、車椅子の方は、段差解消機を使うのが一番です。玄関には、どの家にも上がり待ちがありますので、段差が大きい場合は、踏み台を使うとよりスムーズに段差ののぼりおりができるのではないでしょうか。

廊下は、幅が車椅子一台分、十分に通れるスペースを確保することが必要となってきます。階段や長く続く廊下を歩く場合には、手すりがあるとより便利ですよね。

階段にはすべり止めをつけるのもよいです。ゴム製のすべり止めは、市販のもの売ってありますし。

寝室は、ベッドを置くことで、バリアフリーな空間をつくりましょう。ベッドを置く場所が狭い場合は、ソファーベッドを置くのもよいでしょう。

トイレには、手すりをつけるのはもちろんのこと、高齢者や車椅子からそのまま便座に移る人には、トイレにもある程度のスペースが必要不可欠となってきます。そのとき、温水洗浄便座を取り付けるときも壁につける操作盤にすれば、より使いやすく、便利になりますよね。

洗面台には、カウンター式のものを置き、イスに座ったままでも洗面や衣服の脱ぎ着ができるようします。そうすることによって、イスによりかかり、立ったままでいることによる、立ち疲れを防ぐことができます。

鏡もイスや車椅子に座った時も低めに設置することによって、胸から上が見えるようにします。床室の床やバスタブ内には、すべり止め防止のマットやスノコを置き、段差をなくすことにより、より安全に浴室に入れるようにしましょう。

あとは、キッチンです。労力をあまり使わずに使うキッチンとしては、キッチンカウンターの高さを調整できるものがあります。高価なのが難点なのですが、カウンターを座った状態と立った状態に合わせることができるのは、大変便利です。

サポートバーをつけることにより、調理台によりかからず作業することもできます。コンロ、食器棚、冷蔵庫は低いものを選ぶなどして、使い安くする必要があります。

This entry was posted on 火曜日, 1月 8th, 2013 at 10:33 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.