子ども部屋

子ども部屋は子どもにとっては重要な空間です。しかし子どもを思うあまり、子ども部屋を快適にし過ぎても良くありません。子どもが自分の部屋にばかりこもり、家族の集まるリビングに顔を出さなくなってしまうかもしれません。子ども部屋は適度な快適性にすることを心がけましょう。

最近では子どもが2、3人居てもそれぞれの個室を最初から設けておくのではなく、一部屋を共用する子ども部屋を設けることが多いです。広さのある子ども部屋が広がることで、幼少期は子ども達がのびのびと遊べますし、お友達が遊びに来た時も有効的に利用できます。また性別が同じであったり、年齢が近いと特にこのような子ども部屋があるといいのです。勉強机を並べて共に勉強して、共に寝る子ども部屋として大いに活躍してくれます。

個室が欲しくなる年頃になれば、間仕切り家具を用いて空間を2つや3つに分ければ個室もすぐに得られます。将来的に個室になるこを踏まえて、窓や扉、照明やコンセント、クローゼットなど予め2部屋、ないし3部屋分設けておくのです。そうすれば大がかりなリフォームをせずに空間を仕切ることができ、子どもの成長に合わせて空間を臨機応変に対応できるのです。

子どもは成長過程に合わせて空間に求めるあり方も変わってきます。それに柔軟に対応できる子ども部屋は子どもにとって理想的な空間と言えるでしょう。快適性は何も広さがあればいいというものではないのです。兄弟姉妹が共に過ごす時間を大切にでき、その時々で最適の子ども部屋にしてあげることを大切にしましょう。

This entry was posted on 金曜日, 3月 18th, 2016 at 9:56 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.