ウッドデッキのある暮らし

私は以前からマイホームにウッドデッキを設けるのが夢でした。そんな我が家もついにマイホームを購入しました。私の夢でもあるウッドデッキを設けることができたのです。まずウッドデッキの素材です。天然木か人工木で悩む人は多いです。我が家は、シロアリや木の腐食などを気にすることなく、メンテナンスフリーである人工木を取り入れました。これで一生ウッドデッキで楽しむことができるのです。

このウッドデッキはリビングの先に設けました。ポイントはリビングとの境にできるだけ段差を設けずフラットに繋がるようにしたことです。段差なく行き来ができることで小さい子どもから足腰の弱った高齢者まで安心して行き来ができます。メンテナンスフリーであることと、行き来のしやすさからいつまでもウッドデッキスペースを大切にしようという気持ちにも繋がるのです。

ウッドデッキは横幅もありますが、奥行もしっかり確保しました。リビングの延長としてウッドデッキを楽しんでいます。天候のいい日にはここにテーブルを設置しウッドデッキで食事をしたり、庭で遊ぶ子どもの様子を眺めながらママ友とお茶をするのに最適のスペースなのです。バーベキューをした際にもこのウッドデッキでゆっくりお酒や食事を楽しんでいます。実用性も兼ねています。ここには屋外用の洗濯物干し場を完備しています。ウッドデッキを設けたことで、室内で過ごす楽しみだけでなく屋外で過ごす楽しみも得ることができました。

This entry was posted on 木曜日, 8月 18th, 2016 at 9:05 AM and is filed under 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.